化粧スレートを使ってみよう

予算をなるべく抑えたい人は、化粧スレートという素材を使ってください。
ただし費用は安くなりますが、仕上げをするために何度も塗り替えるメンテナンスが必要です。
大体寿命は7年から8年ぐらいなので、塗り替えの時期がきたら再び業者に依頼しましょう。
化粧スレートを使う場合は、50万円ぐらいが相場です。
どの住宅でも屋根は劣化するものなので、早めに業者を探して、リフォームの方法を決めてください。

屋根をカバー工法という方法でリフォームする場合は、80万円から100万円ぐらいが相場です。
化粧スレートより高額になりますが、工事の期間が短くなる面がメリットです。
また今ある屋根の上にカバーを付けるので、余計なゴミが出ません。
そこも、カバー工法が好まれている理由です。
しかしもともとの屋根に瓦を使っている場合は、この工法を使用できないかもしれません。
カバー工法が良い人は、まず自宅の屋根の素材や状態を、リフォーム業者のスタッフに確認してもらいましょう。

屋根を遮熱塗料というもので塗り替えると、夏に室内の温度が高くなることを防げます。
するとエアコンや扇風機などの家電を使わなくて良いので、電気代の節約になりますし省エネにも貢献できます。
70万円ほどで可能なので、夏の暑さが気になる人は依頼してください。
しかし夏は良いですが、冬に寒くなる地域で遮熱塗料を使うと室内が冷えて、生活を送りにくくなる可能性があるので気を付けましょう。

どんな住宅でも起こる可能性がある

最も費用が安く済むと言われているのは、化粧スレートという素材の屋根に塗り替えることです。 しかし、定期的なメンテナンスが必要になることを忘れないでください。 化粧スレートで塗り替える場合は、屋根の色を変えることも可能です。 これまでと、雰囲気を変えても良いですね。

早く工事を終わらせたい

早くリフォームが終わる方法が良いなら、カバー工法を選択してください。 その場合は自宅の屋根がカバー工法に向いているのか、業者のスタッフに詳しく調べてもらいましょう。 経験が豊富な業者に任せると、もっとスピーディーにリフォームが終了するのでおすすめです。

暮らしやすい住宅を目指そう

これまでは夏に室内が暑くなって、たくさん冷房器具を使っていた人が多いと思います。 しかし遮熱性がある塗料を使って屋根をリフォームすることで、これからはそこまで室内の温度が上がらなくなります。 すると冷房器具を使わなくなるので、電気代を削減できます。